So-net無料ブログ作成

2012まばゆい [京都]

新年明けましておめでとうございます

初めて、京都のかの有名な金閣寺を拝観に行ってきました
朝、九時の開門を待って入りました
朝日に輝く「金閣」は、噂に違わず、まばゆく美しい建造物でした
DSC_0242_500pix.jpg
ほんとに金ピカです
DSC_0252_500pix.jpg

DSC_0254_500pix.jpg
鏡湖池の端に立つ姿は、水に浮かぶが如く、その姿を水面に映して
どちらが実態なのか区別が付かず、空と金閣が上と下に二つ浮かんでいるようで、
不思議な感覚にとらわれました
DSC_0239_500pix.jpg

DSC_0264_500pix.jpg

これなんでしょうか?
DSC_0267_500pix.jpg
答えは、金の雨トユ。金閣は、雨トユまで金ぴかなのです
こんな具合。
二層建てなので二層目のトユから落ちた雨水が一層目の屋根に掛からないように
グットせり出しているのです
DSC_0259_500pix.jpg

屋根のトップにいる鳳凰の後姿
DSC_0269_500pix.jpg

DSC_0300_500pix.jpg

お釈迦様の骨を奉った舎利殿「金閣」が有名なので金閣寺と呼ばれていますが
正しくは「鹿苑寺」(ろくおんじ)という名前で臨済宗相国寺派の禅寺で
1994年に世界文化遺産に登録されました
拝観料400円也を払うとチケットの替わりに厄除けのお札を頂けるのが変り種
でした。以下はパンフレットの説明文から。
この地は鎌倉時代に西園寺公経の別荘北山第がありましたが、足利三代将軍の
義満が大変気に入り、応永4年(1397年)に西園寺家から譲り受け、山荘北山殿を
作りました。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したと言われ、
後小松天皇(一休禅師の父)を招いたり、また、中国(明国)との貿易を盛んにして
文化の発展に貢献した所で、この時代の文化を特に北山文化といいます。
義満の死後、遺言通り、夢窓国師を開山(初代の住職)とし、義満の法号である鹿苑院殿から二字を取り、鹿苑寺と名づけられました。
金閣の前にある鏡湖池を中心とし、葦原島など代償の島々や、当時の諸大名が競って、石を献納してその名が付けられた畠山石や赤松石や細川石などの名石が配されています。
西の衣笠山を借景としたこの庭園は室町時代の代表的な池泉回遊式庭園で、国の特別史跡及ぶ特別名称に指定されています。
方丈の北側には義満お手植えと言われる京都三松の一つで舟の形をした「陸舟の松」があり、金閣の後ろを進むと義満がお茶の水に使ったと伝えられる「銀河泉」、手を清めた「巖下水」や、鯉が瀧を登ると龍になると言われる中国の故事「登龍門」に因んだ「鯉魚石」や「白蛇の塚」などがあります。

鯉魚石に降り注ぐ龍門の瀧
DSC_0285_500pix.jpg

裏山から見た金閣
DSC_0304_500pix.jpg

DSC_0307_500pix.jpg

金閣寺垣。竹垣は寺ごとに組型が異なり寺の名前が付けられています
DSC_0280_500pix.jpg

今回は、駆け足で拝観したので、次回は、黄金に輝く華やかな金閣のみならず、由緒の松や名石を愛でつつ庭園や方丈もゆっくりと拝観したいものだと思いつつ、鹿苑寺を後にしました

今年こそ、金箔に包まれた金閣寺の様な晴やかな年になりますように
本年もどうぞよろしくお願いします

AKO&佐吉

nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上品蓮台寺の桜 [京都]

今日は上天気、暖かくて春の心地です
桜も、あちこちで咲いています。
通りがかりのお寺の塀越しに見事な桜を見つけたので中に入って拝観させて頂きました。
2011040512590001_640pix.jpg

お寺は、京都市北区千本通り北大路下がる「上品蓮台寺」(じょうぼんれんだいじ)
2011040512550000_640pix.jpg
お寺の立看板に「蓮華金宝山九品三昧院と号する真言宗智山派の寺院である。
古くは聖徳太子の創建と伝えられ、当初は香隆寺と称したが、天徳四年(960年)に
宇多法皇の勅命により、寛空僧正が再建し寺号を上品蓮台寺と改めたといわれている。
当時は広大な寺域に伽藍が立ち並ぶ壮大なものであったが、応仁の乱の兵火により焼失した。
文禄年間(192-96)に性盛上人が復興し、この付近の蓮台野一帯に12の子院を建立したことから
「十二坊」の名で知られるようになった。 本堂には村上天皇より賜った上品蓮台寺の勅額を掲げ、
その内部に本尊の延命地蔵菩薩を祀っている。 
寺宝として、下段に経文を、冗談に経文の内容を説明した絵画を描いた貴重な経典として名高い絵因果経(国宝)をはじめ、文殊菩薩画像、六地蔵画像(ともに重要文化財)など、多くの文化財を所蔵している。 
境内には、平安時代を代表する仏師・定朝の墓があり、張るには枝垂桜が見事に咲き誇る。 京都市」とあります。
看板に書いてある枝垂れ桜の開花には、未だ少し早かったので枝垂れ満開の折に再度訪ねたいものです。

上品と書いて「じょうぼん」。阿弥陀経に出ていた言葉。何と言う意味かしら?
国語辞典によると「仏語。極楽浄土の人の機根による差異を分けた九品(くほん)の、上位三階級の総称。
上品上生・上品中生・上品下生が含まれる」とあります。
さらに「上品蓮台」とは
「極楽浄土にあって、上品の人の化生(けしょう)する、七宝池の蓮(はす)のうてな。極楽の上級の所」

今日は桜だけをめでましたが、国宝を所蔵する格の高いお寺とわかったので、
公開される時があれば宝物も拝謁してみたいです。
2011040512590000_640pix.jpg
2011040513070000_640pix.jpg
2011040513070001_640pix.jpg
2011040513110001_640pix.jpg

弘法大師さんも桜に映えて、立っていらっしゃいました
2011040513010001_640pix.jpg

境内の端にあった白い桜と思ったのは「すももの花」でした。
2011040513080001_640pix.jpg

白もくれんも咲いていました
2011040513050001_640pix.jpg

by♪AKO
タグ:
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PLからお引越し準備ができました [京都]

AKOと申します
PLAYLOGからお引越しの準備、第一段階が、できて、
So-netブログの一員に加えていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いします
本格的始動は、4月になってからのつもりですが
まずは、練習です。

さて、うまくアップできるか、お試しです。
せっかくなので、写真もアップしてみたいと思います。
どうやるのかな?
+ファイル?
「サムネイル画像表示:縮小したサムネイル画像を記事に貼り付けます。」
フムフムなるほど。やってみましょう
原寸大表示、これもわかる。
回り込み指定ってなんだろう???

こんな感じかな、うまくできるかしら。

3月4日に行った、京都市の北野天満宮。
菅原道真公を祭ってあり、いわゆる、天神さんと
学問の神さんとして、受験生のお参りの長い列ができます。
道真公と梅の花は切っても切れない仲につき
ここの梅園は有名です。
お試し写真を一枚だけアップしました
DSC_0723_533pix.jpg
ちなみに、この日、ブログのマスコット犬の佐吉は神社にも梅園には入れないので
家でお留守番でした。
nice!(8)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。