So-net無料ブログ作成

ものぐさにピッタリ [蘭の肥料]

12月22日の記事の
オンシジュームは、咲き続けて、香りも強くなってきています
咲き済むまで花枝を置いておくと、株が弱るので
蕾のついた枝を残して、思い切って切花にしました
数えてみれば、20本もありました
また来年も花を咲かせてくれますように
蘭の管理は、寒い間は肥料を控えて水を切らさず、温度を保つのがコツ
4月から7月の間に毎月、骨粉と化成肥料または有機肥料を練って団子に
して与え、その間に液肥も時々・・・
でも、オンシジュームは、肥料を控えめに育てるのがコツ
つまり、偶然にもAKOの育て方にぴったり合っていたと言えるでしょう
こまめに世話をしないのがよかったらしいのです
春になったら、オンシジューム以外の蘭にはもっと肥料を与えてみたら
来年は、シンピジュームもデンドロビュームもセッコクも花をつけてくれるでしょうか
タグ: 施肥期間
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストーブクッキングピザ [ピザ作り]

暮れの忙しい最中に暇なことばかりしています(^_-)-☆
薪ストーブでピザを焼くのが最近のマイブームです
最初にピザ生地を作って焼いてみたのですがコチコチに硬くて
歯が立たず、あっさりと諦めて市販のピザ台に替えました
ソーセージやチーズそれに
夏の間に畑のバジルの葉っぱとオリーブオイルで作って
冷凍保存しておいたナンチャッテジェノベーゼソースや
同じく畑のトマトの凍トマトソースなどを載せて
薪ストーブの薪を炎が出なくオキ状態になるまで燃やして整えてから
ピザを入れます。1分も焼いたら焦げてしまうので目が離せません
チーズがクチュクチュ溶けて生地の縁が膨らんできたら出来あがり
寸時を争ってストーブから取り出さねば黒こげになってしまいます
お味は? もちろん おいしゅうございます
DSC_0142_500pix.jpg

DSC_0143_500pix.jpg
薪ストーブの効用です
DSC_0145_500pix.jpg
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も健気に [見聞録]

2014/12/22
今年も、けなげにオンシジュームOncidiumが花を咲かせてくれました
特別世話もしていないのに花枝、花穂、共にいっぱい咲いています
DSC_0164_500pix.jpg

オンシジュームは小さな花を房状に付ける蘭です
花言葉どおりに「可憐」な花です
褐色・桃・白・橙 ・赤・茶や斑入りのものもありますが
私の蘭は黄花タイプです
DSC_0165_500pix.jpg

ちなみにオンシジュームは九月の誕生花だそうですが、どうして12月に咲いているのでしょうか?
原産地が中南米の低地から高地なので現地では9月に咲いているのでしょうね
樹木上に着生しているところをこの目で見てみたいものです
中南米まで行くのは無理だけれど、手近なところで植物園の温室を探索してみようかと。
DSC_0166_500pix.jpg

暖かい出窓の環境が好きなのか、私を癒してくれています
日の光を浴びると芳香が漂います
いい香りを撒きながら、蘭がスカートを広げて踊っているように見えて
英名のDancing Lady Orchidダンシング・レディー・オーキッドそのものです
DSC_0157_500pix.jpg

DSC_0150_500pix.jpg
また、バタフライ・オーキッドの名もあって花びらが蝶の羽を広げたようでもありますね
学名:Oncidium Hybrids
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ラン目ラン科オンシジュウム属 多年草
などと四角張った分類ではありますが、只々可愛らしい花を楽しむのが一番です

DSC_0151_500pix.jpg
他にも蘭の株を持っているのですが(シンピジューム、デンドロビューム、セッコク等)
これらは、ちっとも花を付けくれません…
オンシジュームだけが、私になついているのかも???
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感